2016年11月YouTubeチャンネル・動画の削除対策

どうも、島尻です。

 

もう11月も折り返しですね。

今月に入って起こっているYouTubeのチャンネルと動画削除についてですが、

まだまだ落ち着きそうにないですね。

 

やはり、11月末までは大人しくするのが一番の対策だと思います。

 

今回削除にあっている特徴を先に紹介しておきますね。

 

・撮影系〜テキスト系、完全コピペ〜完全オリジナル動画の全ジャンルで削除されている

・11月に入って一気に伸びたチャンネルが削除されている

・暴力、差別、エ◯、薬物や酒の取引など利用規約に触れそうな内容は削除対象

・政治系は特に規制が厳しいようで、新規チャンネルにアップした動画は次々と消される。

 

以上です。

 

削除されている特徴を見れば分かりますが、テキスト系だから消されているわけではありません。

コピペだからダメだというわけではありません。

 

勘違いしている人が多いです。

 

今回の削除騒動はさすがにやりすぎだと思います。

撮影系のオリジナルチャンネルも削除されていますからね。

 

こんな削除をしてもYouTubeにメリットは、あまりないので11月末には収まると予想しています。

では、なぜ今回の騒動が起きたのか?

 

これはですね。

全く分かりません。

 

仮説も多すぎて、真相は闇の中です。

 

一番有力だと思う仮説を紹介しておきます。

 

アメリカの大統領選が大きく影響していると思います。

GoogleもYouTubeもアメリカの会社です。

 

そして、今回の削除騒動が起こったのも

アメリカ大統領選でトランプ氏と決まってからの事です。

 

政治的な圧力があったのかもしれませんね。

メディアの情報操作というやつです。

 

YouTubeは今やTV並みの影響力がありますからね。

 

過激なトランプ氏からの圧力であれば、

今回の過激な削除騒動も納得したくもなります。

 

それぐらい今回は大規模な削除騒動です。

 

そもそもYouTubeが求めているチャンネルや動画というのは、

「視聴者とコミュニケーションを取れる運営をしてほしい」です。

 

完全コピペで、視聴者とコミュニケーションを取っているチャンネルは少ないです。

アフィカス動画が蔓延しているので、大量削除を行ったのかもしれません。

 

こういう仮説を話すとキリがありません。

事実として、今月に一気に伸びたチャンネルは削除されているので

今月だけは目立たないように投稿数を減らしたり、投稿ストップしたり対策をしましょう。

 

ライバルチャンネルがボコボコ消えているので、

自分のチャンネルへアクセスが集まりやすくなっています。

 

結果、一気にチャンネルが伸びる可能性が高いです。

 

つまり、チャンネル削除へ繋がる可能性も高いという事です。

 

「最近、再生回数が一気に伸びて、日給1万を越しました!」

これは素晴らしい事ですが、今月に限りは良くないと判断しています。

 

なぜなら、私のチャンネルで今月に日給1万を達成したチャンネルは全て削除されたからです。

日給数千円の規模は全て生き残っています。

 

ライバルが減るので、自分のチャンネルが伸びるチャンスですが、

これもYouTube側の削除戦略かもしれませんね。

 

色んなチャンネルをチェックしていますが、

毎日5本以上をアップしているチャンネルがボコボコ消えています。

グレーな内容の動画をアップしているチャンネルがドンドン消えています。

 

リサーチをしていれば、全て分かる事なんですが、

みんなパニック状態でリサーチをしている人が少ないです。

 

焦らずにありとあらゆる仮説を立てて行動していきましょうね。

 

【お問い合わせ先】

質問のお問い合わせ

【メールマガジン】

島尻伶のYouTubeノウハウ満載のメールマガジンはこちら

※メルマガ特典にて、サムネイル、アイコン、チャンネルアート、ブランディングのデフォ­ルト画像プレゼント

無料ですので、お気軽にご登録下さい♪

毎日21時にYouTubeノウハウを配信しています!

モデリングしたチャンネルまとめレポートをプレゼントしています!

【Facebook】

島尻伶のFacebookはこちら

【YouTube】

島尻伶のYouTubeチャンネルはこちら

どんどんYouTubeノウハウコンテンツを追加していきますので、

チャンネル登録よろしくお願い致します!

【質問など】

Mail⇒shimajiriryo0103@gmail.com

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です