YouTubeチャンネル削除と動画削除の異議申し立てについて!【2016年11月最新】

どうも、島尻です。

11月に起こっているYouTubeチャンネル削除祭り。

まだ落ち着きそうにないですね。

私の予想では、
11月中で削除祭りは終わると思ってます。

ですが、2月まで続くという意見もあります。
前回の削除祭りが落ち着いたのが2月ですからね。

とはいえ、前回と違いもあるので何とも言えません。

どちらの予想も外れているかもしれないですからね。

簡単に今回の削除祭りの仮説を紹介します。

・YouTubeやGoogleはアメリカの会社なので、ドナルドトランプ大統領選が影響しているのでは?

・12月が広告単価が上がる月なので、11月に削除祭り開催

・チャンネル削除の基準として、11月で毎日更新しているチャンネルで再生回数が伸び出してきたチャンネルは削除されている。

・テキスト系だけではなく、撮影系や公式アカウントなども被害にあっている

以上です。

簡単に説明するとこんな感じですね。

まだまだ仮説が多く、削除基準も曖昧なので困っているのが現状です。笑

ここからが本題です。

動画削除やチャンネル削除が起きた時の異議申し立てについてです。

この質問が多かったので、今回はブログにてシェアしたいと思います。

まずは『動画の削除』に関してですが、

異議申し立てをしましょう!

今回は無差別削除なので、内容に問題が無ければ動画は復活します。

私の場合は、政治系のオリジナル動画が2本が突然削除されましたが、異議申し立てをして2〜3日後には復活していました。

動画の削除に関しては、異議申し立てをすれば、多くの場合復活します。

ですが、何度も削除と復活を繰り返しているとスパム扱いになるので、動画削除がよく起こる場合は、投稿ストップがオススメです。

削除祭りが落ち着くまで様子をみましょう。

次にチャンネル削除の異議申し立てですが、

オススメはしません!

チャンネル削除の場合は、
復活する可能性が低いですし、
目視の確認などが入れば、生き残っているチャンネルにも被害が出る可能性があります。

あくまで仮説なので、何とも言えません。

ですが、
チャンネル削除の異議申し立てをして、チャンネルは復活したけどアドセンス停止になった人もいました。

異議申し立てが原因とは考えにくいですが、0.1%でも可能性があれば疑い慎重に行動するべきです。

チャンネル削除は辛いですが、
テキスト系の簡単な動画であれば、
作り直すのが早いです。

私の場合は、
かなり作りこんでいたオリジナルテキスト系動画だったので、チャンネル復活を希望しています!

ですが、異議申し立てしてもダメでしたorz

手元に動画は残っているので、再アップすればいいだけなんですけどね。

それでも全て再アップするには時間がかかるので、やはりショックです。

手元に動画が無い人でも、
またガツガツ作っていけばいいだけです。

今回の削除原因を徹底的に考えて、対策をしていけば、前回よりも安全で強いチャンネルが作れます!

これは、経験したからこそ断言できます!

削除祭りの間は、あまり動画作成もはかどらないと思うので、ガッツリリサーチに時間を使いましょう!

生き残っているライバルチャンネルを研究するのも大事な事ですからね!

以上が異議申し立てに対する私の意見です。

これが正しいというわけではありません。

ただ、異議申し立てをして待つのではなく、同時進行で新規チャンネルを作るのがオススメです!

異議申し立ての結果もすぐには分からないですからね。

結果として、動画やチャンネルが復活しなくても新規チャンネルがあるので気持ちに余裕が持てます!

なので、とにかく手を動かしていきましょう!

これまた大変な作業なんですが、失敗をバネに変えた、一気に飛び抜けましょうね!

では、本日も張り切っていきましょう!

 

 

【お問い合わせ先】

質問のお問い合わせ

【メールマガジン】

島尻伶のYouTubeノウハウ満載のメールマガジンはこちら

※メルマガ特典にて、サムネイル、アイコン、チャンネルアート、ブランディングのデフォ­ルト画像プレゼント

無料ですので、お気軽にご登録下さい♪

毎日21時にYouTubeノウハウを配信しています!

モデリングしたチャンネルまとめレポートをプレゼントしています!

【Facebook】

島尻伶のFacebookはこちら

【YouTube】

島尻伶のYouTubeチャンネルはこちら

どんどんYouTubeノウハウコンテンツを追加していきますので、

チャンネル登録よろしくお願い致します!

【質問など】

Mail⇒shimajiriryo0103@gmail.com

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です