2017年1月でも削除祭りが終わらない原因とは?

どうも、島尻です。

 

ようやく2017年がスタートしたのに、今でも削除祭りが終わりませんね。

派手な削除は無くなりましたが、

まだまだ「削除された!」という人が後を絶ちません。

 

2016年11月削除祭り後に新規アカウントを作成している人たちも、

続々と削除されている現状です。

 

YouTubeのルールが変わってきて、

今後の対策も立てているのですが、

3月に入るまで規制が厳しいままだと思います。

 

3月に入っても落ち着く保証はないので、期待はしない方がいいですね。

 

削除される原因としては、

アップしている動画の内容に問題がある人もいます。

 

パクリ動画やTV動画をアップしている人は、

削除にあっても仕方がないのですが、

オリジナル動画でも削除されている状況なんですね!

 

私のオリジナル動画のチャンネルも削除されましたし、

コンサル生の完全オリジナル撮影系も削除されました。(※コンサル生のチャンネルは、異議申し立てして1日で復活しました。)

 

なぜ、このような削除が起きるのか?

 

1つの原因として、

「コピーチャンネル」の存在です。

 

日給5000〜10000円を超え出すと、

必ずと言っていいほど、コピーチャンネルが作られます。

 

ツールを使っているようなのですが、

チャンネル名が英単語になっているだけで、

 

・動画

・サムネイル

・説明欄

・タイトル

・タグ

 

全てが丸パクリのコピーチャンネルです。

 

コピーチャンネルは、

自分のチャンネルのパクリ動画、約100本分を1日で投稿します。

 

それで放置されている場合が多いのですが、

1日で100本投稿の時点でスパム投稿ですよね?

 

・動画

・タイトル

・サムネイル

・説明欄

・タグ

 

が自分のチャンネルと全く同じなので、

YouTubeのシステムがオリジナルのチャンネルを誤BANしてしまいます。

 

そして、なぜかコピーチャンネルが残っているという悲惨な状態になるのです。

マジで許せないです。

 

今後は、

コピーチャンネルに対しても対策もしていかないといけません。

 

 

1つの方法として、

動画内に自分のチャンネル名を入れていきましょう。

 

自分の動画という証明になります。

 

テキスト系のオリジナル動画になると、

EDだけでもいいので、チャンネル名を入れるのがいいですね。

 

5秒ぐらいの簡単なED動画を準備するのがいいですね。

 

誤BANされて異議申し立てをしても

確実に復活する保証はありません。

 

私のチャンネルは1つも復活しませんでした。

 

削除されたチャンネルには、あまり希望を持たずに

異議申し立てをしてダメだったら、潔く作り直しましょう。

 

ただし、削除された原因は徹底的に洗い出すようにしましょう。

 

・コピーチャンネルが原因なのか?

・動画が問題なのか?

・投稿本数が問題なのか?

・アカウント作成場所が問題なのか?

・アドセンスに紐つけしすぎなのか?

・スパム行為はいていないか?

 

などなど、ありとあらゆる原因を考えて下さい。

 

じゃないと、同じ過ちを何回も繰り返す事になります。

 

”あきらめない”というのは素晴らしい事ですが、

しっかりと改善して行動していかないと、無駄な行動が多くなりますし、

根性だけでは安定して稼ぐのは難しいです。

 

”削除”という経験は、辛いですが、

最高に貴重なデータです。

 

このデータを活かす事が出来れば、

YouTubeでも、他のビジネスでもドンドン結果を出す事ができます!

 

頑張って下さい!

 

【お問い合わせ先】

質問のお問い合わせ

【メールマガジン】

島尻伶のYouTubeノウハウ満載のメールマガジンはこちら

※メルマガ特典にて、サムネイル、アイコン、チャンネルアート、ブランディングのデフォ­ルト画像プレゼント

無料ですので、お気軽にご登録下さい♪

毎日21時にYouTubeノウハウを配信しています!

モデリングしたチャンネルまとめレポートをプレゼントしています!

【Facebook】

島尻伶のFacebookはこちら

【YouTube】

島尻伶のYouTubeチャンネルはこちら

どんどんYouTubeノウハウコンテンツを追加していきますので、

チャンネル登録よろしくお願い致します!

【質問など】

Mail⇒shimajiriryo0103@gmail.com

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です